気象病

  • 低気圧が近づくと頭痛がする
  • 台風が来ると体調が悪くなる
  • 頭の痛さで雨が降るのがわかる
  • 雨が降ると古傷が痛む

最近になってよく耳にするようになった気象病。
「気象病」や「天気病」、「気圧病」とも言われています。

以前までは「なぜ頭が痛くなるのか」「なんか体調を崩す」と疑問に思う方が多く、ようやく気圧によって症状が出てくるとわかってきました。
日本人の潜在患者数は1000万人以上いるとも言われています。

なぜ気圧が人間に影響するのでしょうか?
気圧と人間の深い関係についても説明していきます。

気象病の原因

気象病の原因

主に気象病の原因は「気圧」によるものです。気圧は人間にとって深い関係にあります。

気圧があることによって血液を全身に流したり、老廃物を体外に排出させることで気圧は必要です。
また呼吸にも関係しており、高い山などに登った時に起こる「高山病」も気圧が低い原因で起こります。

気象病は、気候や天気の変化が原因でおこるカラダの不調の総称で、頭痛やめまい、疲労感、関節痛、気持ちの落ち込み(うつ)、吐き気、喘息などさまざまな症状が出るのが特徴です。

気候変化の激しい、季節の変わり目や梅雨の時期、また台風が多い時期などに特に起こりやすいと言われています。

低気圧が近づくと、気圧が下がってきます。
外気の気圧が下がると血液循環機能やリンパの循環が落ち、血液の流れが滞ってしまい症状が出てきます。
人間の体の中は圧力が保たれていて、一定に保つことによって血液を全身に流したり、リンパの流れによって体の老廃物を排出させたりできるのです。

自律神経が影響している

自律神経は主に体温調節や血圧、食欲、睡眠など生活していくには欠かせない機能です。
この自律神経の機能が失われてしまうと、

  • 精神的なストレス
  • 不安や緊張、抑うつなどの心のトラブル
  • 吐き気
  • 多汗
  • 全身の倦怠感
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 手足のしびれ
  • 動悸
  • 不整脈
  • めまい
  • 不眠

などの症状があらわれます。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。
医学的には【自律神経失調症】という病名がつきます。

気象病と自律神経失調症は同じような症状が出てきます。
したがって、自律神経の調節が気象病予防の一つと考えられます。

気象病の予防

気象病の予防とは

気象病は主に自律神経に大きく関係しています。
自律神経を整えると気象病の予防につながります。

自律神経の整えるためには

  • 暴飲暴食をしない
  • 生活リズムを整える
  • 睡眠の質の向上
  • 過度な飲酒を控える
  • 汗をかく運動を行う
  • 水分補給

などが挙げられます。
自律神経は体を正常に保つ機能があり、自律神経が上手く働けば痛みや不調がない健康な生活をおくれます。

したがって、数多くの不調や症状には自律神経を整える必要があります。

仁健接骨院では気象病への施術を行っています

検査風景

仁健接骨院では気象病に対して自律神経の調節から行っていきます。
主に首や肩周りの筋肉にアプローチし、頭と目の周りの筋肉にも施術を行います。

首肩周りの筋肉が緩まると、血液の流れがよくなり自律神経の興奮が治ります。
また頭や目の周りの筋肉にアプローチすると、表情筋や顎周りの筋肉が緩み眼精疲労や歯の食いしばりなど自律神経緩和のためにとても有効な施術を行います。

自律神経の興奮が緩和されると気象病の症状が緩和し、出ている症状も緩和されます。

気象病でお悩みなら埼玉県新座市にある仁健接骨院にお任せください。
当院ではどんな痛みでも幅広く対応し相談に乗り、分かりやすく説明していきます。説明を理解してもらった上で患者様にあった施術を行っていきます。

他県他市からも大勢の利用者様にご来院いただいております。是非、お気軽に当院へご相談ください。

WEBキャンペーン
TEL
交通事故バナー

アクセス

住所:埼玉県新座市片山3-12-41

営業日:月曜日〜土曜日

営業時間
8:00〜12:00 / 15:00〜20:00

休診日:日曜日